top of page

空き家の歳時記、空き家の一生

 空き家の研究をされている方の著書からお借りした、とても分かりやすい資料がありますのでご紹介させて頂きます。参考になる名著ですのでどうぞお買い求めの上お読みください。

★「戦う!空き家術」中山聡著 週刊住宅新報社刊より)

 〇 空き家の歳時記は、一年間にどんなことが空き家に起こるのかを教えてくれます。

 〇 空き家の一生は、よく言われるように、3日、3ヵ月、3年と「3」ごとに家が朽ち

   ていくことを教えてくれます。

あなたのお持ちの空き家は今どの状態でしょうか


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実家を空き家にしている方が多い

実家を相続すると壊してしまおう、もう古いから、壊すか売ってしまおうとおっしゃる方が非常に多いです。 テレビや新聞は、空き家を所有していることが如何にも悪いことのように報道していますから、古い家=無価値である。社会的に存在していてはいけないのではないと考え、悩んでいる方も多いことです。 しかし、まだ親が亡くなったばかりだから、片親が施設で元気だから、世間体が悪いからなどの精神的理由や、取り壊し費用の

遺産の主なものは?

以前受任した相続案件ですが、その70代男性の遺産は自宅不動産と農地それに預貯金でした。 相続処理の最初は財産目録の作成ですが、不動産は場所に応じて路線価か倍率表で評価します。預貯金は死亡時の残高を調べ、相続人から葬儀直前に引き出したお金がないか、自分の通帳に移しているお金はないかを尋ねます。 通常の相続はこれでほぼ財産目録を作成できますが、この方はデジタルが得意で、パソコンを何台も所有していました

Comments


bottom of page