遺産の主なものは?

 以前受任した相続案件ですが、その70代男性の遺産は自宅不動産と農地それに預貯金でした。

 相続処理の最初は財産目録の作成ですが、不動産は場所に応じて路線価か倍率表で評価します。預貯金は死亡時の残高を調べ、相続人から葬儀直前に引き出したお金がないか、自分の通帳に移しているお金はないかを尋ねます。

 通常の相続はこれでほぼ財産目録を作成できますが、この方はデジタルが得意で、パソコンを何台も所有していました。2台はWindowsで、あと2台はiPadとiPhoneでした。Windowsの方は写真が入っていましたが、メールのやり取りはiPadでやっていたようでした。

 この頃はネット銀行を使う方や暗号資産を持っている方も多くなっているようですが、どちらもパソコンの中で完結してしまい、紙媒体の書類が一切残っていないのが、こと相続に関しては問題です。

 Windowsの方は難なく開けられたのですが、iPadとiPhoneのパスワードが分かりません。生年月日、住所を始め考えうる組み合わせを試しましたら、iPadには何と「50年後にお試しください」と言われてしまいました。

 最後の手段とばかり、プロに開いてくれるよう依頼しましたが「Appleは無理」だと匙を投げられました。図らずもAppleの秘密保持はとても素晴らしいことが分かりましたが、相続処理にはとても困りました。このiPadは、その後相続人が初期化して使っています。

 亡くなった方もこんなことになるとは分からなかったのでしょうね。

 デジタル資産があったかもしれませんが(秘密も一緒に)永遠に分からなくなってしまいました。こんなことがありますと、AppleをやめてWindowsを使った方がいいのか心配になります。iPadやMacは主にオフに、Windowsは仕事にと両方を使っていますから、Windowsだけにしなさいといわれても困ってしまいますね。

 こんな場合に対処するには、せめてパスワードだけでも手帳に残しておくのが良いでしょう。エンディングノートには法的な効力がないのですが、このような大切な記録を書き残しておけば遺族がとても助かります。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

性的マイノリティ(JGBTQなど)の方たちのカップルの関係を公的に証明するパートナーシップ制度を1月1日現在で導入しているのは、松本市など全国146自治体。そのうち、利用者の転居時に再申請などの負担を減らす連携協定を他の導入自治体と結んでいるのが48市町村だそうです。(2020年2月7日付信濃毎日新聞) 長野県内で制度を導入しているのは松本市だけ。さらに、制度の連携協定を締結している自治体はありま

そもそも契約って、愛で結ばれたカップルに必要なの?という疑問は大変もっともです。 法諺には「法律は家庭に入らず」というものがあります。家庭問題は原則として法律問題とはならないという意味です。 当事務所の考えは、家庭問題を法律問題にしたくないから、あらかじめ契約などを結んでおきましょうというものです。 毎日顔を合わせている二人が、些細なことなら、「言った」「言わない」そうだったかな?そんなこと言った